特別受益の条件

遺産相続のとき、特別受益が発生する条件とはどんなことがあげられるでしょうか?
特別受益とはそもそも通常の遺産相続の割合を崩さないためにあるものですから、基本的に生前贈与を受けていたりすると該当します。
たとえば一般的な遺産相続の割合でいくと、配偶者と子供2人がいる場合、配偶者が2分の1、子供2人で2分の1を分けることになります。
遺産相続の対象になる財産が5000万円あるとして、被相続人の生前に子供の1人が1000万円の贈与を受けていた場合、これが特別受益の対象となります。
続きを読む 特別受益の条件

特別受益と相続税

遺産相続の際に特別受益が発生するケースがありますが、このときに相続税はどのようになるのでしょうか?
ここでは特別受益と相続税の関係についてお話していきますから、今後資産相続の可能性がある方は目を通してみてください。
続きを読む 特別受益と相続税

特別受益とは

遺産相続は特に問題なく済ませることができればベストですが、必ずしもそうはいかないことの方が多いと言われています。
そのため、被相続人は生前にできるだけスムーズに遺産相続ができるよう遺言書を残したり、あらかじめ家族間で話し合っているでしょう。
特に財産を多く所有して亡くなった場合、遺産相続がきっかけで大きなトラブルになる可能性もありますから、被相続人の生前からしっかり対策を練っておくことをおすすめします。
続きを読む 特別受益とは