相続の手続きで知りたい特別受益


 
相続の手続きで知っておきたいのが、特別受益という言葉です。
普通に相続する場合、あまりこの言葉については聞かないかもしれません。
しかし、生前贈与や生前遺贈が増えている昨今、特別受益という言葉についても耳にする機会がとても多くなってきたと言えるでしょう。
そもそも特別受益とは何かというと、相続人が被相続人から生前に贈与や遺贈を受けている場合のことを言います。
これは相続人にとっては一部の利益であるため、特別受益として換算されているのです。
特別受益を受けた人が、共同相続人の中などにいる場合、やはり法定通りに相続分を計算すると不公平な状態となってしまうでしょう。
国ではそれを避けるために、特別受益というものを設定しているのです。

簡単に言えば、共同相続人の中に配偶者と兄と弟がいたとして、その中で兄が生前に車などを贈与・遺贈されていた場合、特別受益として換算されます。
なぜなら、兄だけが生前贈与や生前遺贈によって受け取っているにも関わらず、共同相続人が他にいた場合は、税金の負担額が同じというのは不公平ですよね。
相続の問題やトラブルは、そういう点から大きくなることが多いです。
そのため、特別受益を得ている方は、その分も考慮して相続税の計算がされるということになります。
生前に贈与や遺贈を受けていたことを隠していた場合、それは不正になります。
もし、被相続人から相続人に贈与・遺贈があった場合は、それを他の家族つまり相続人にしっかり話しておくことが必要です。
それが、余計なトラブルや問題を避けていくことに繋がっていくでしょう。
結局のところ、そういう点がとても重要となり、遺族間や家族間の関係を壊さないことに繋がっていきます。

なお、生前贈与や生前遺贈がある場合は、被相続人とその他の相続人も合わせて、相続に関わる全員で話し合いを進めておくことが必要です。
そうすることで、よりトラブルや問題も防ぐことができるでしょう。
ちなみに、どうしても話し合いが進められない場合は、弁護士や税理士など第三者の専門家に依頼することをおすすめします。
この特別受益に関しては、専門家を交えて冷静に話し合った方が良いです。
それも、できれば被相続人が生きている間に話し合っていくことが重要となります。
亡くなってからだと「ああでもないこうでもない」とトラブルや問題が拡大します。
生前に協議することが難しい場合は、遺書などでも言及しておくことが必要です。