特別受益の持戻し

遺産相続の際に特別受益の持戻しが行われ、その後相続財産の計算をやり直すケースがありますが、これはどのような流れになるのでしょうか?
はじめに特別受益とは被相続人の生前に相続人の一人に対して遺贈をしていたり、結婚や養子縁組のための援助、生活資金の援助をしていた場合に対象となります。
もし上記のようなことがあった場合、まずもともと残されていた財産と贈与した特別受益分を足して、それから相続財産の計算に移ります。

ひとつ例をあげてみると、被相続人には配偶者と子供A・子供B・子供Cがいたとして、生前に子供Aには1000万円、子供Bには500万円の生前贈与を行っていました。
被相続人の残した財産は全部で4500万円ありましたが、これをそのまま分配していくと生前贈与を受けていない配偶者と子供Cは損をしてしまいます。
そこでまず特別受益分にあたる子供Aに贈与した1000万円と子供Bに贈与した500万円を残されていた4500万円に足します。

これを持戻しと言い、全部足した6000万円が遺産相続の対象になります。
この6000万円は現在はないお金も足しているのでみなし相続財産となり、まずはこれを本来の遺産相続の割合で分配していきます。
すると配偶者は2分の1なので3000万円、子供3人は残された3000万円を3等分するので一人1000万円になります。
その後特別受益分を引きますから、子供Aは0円、子供Bは500万円が法定相続分となるのです。

このように特別受益があった場合はまず持戻し計算をしてから再分配し、その後特別受益分を引けばいいのです。
ただし生命保険など特別受益の対象にならないものもありますし、結婚式や学費など扶養の範囲内だと判断された場合は認められません。
特別受益になるかどうかは自分たちだけだと分からないこともありますので、もし持戻しをしてから計算し直すのであればまず遺産相続に詳しい専門家に相談することをおすすめします。