特別受益の問題

遺産相続のときに特別受益が問題になることがありますが、これを回避するためには正しく理解する必要があります。
まず特別受益という制度がなぜあるのか説明すると、そもそもこの制度は生前贈与があった場合に該当しますので、遺産の前渡し分ということになります。
そうすると被相続人が亡くなってから残された財産を分配してもほかの法定相続人が損をしてしまいます。
そういったことにならないためにあるのが特別受益で、いわばこれは名前の通り生前特別に利益を受けていることになるのです。
続きを読む 特別受益の問題

特別受益が認められない

遺産相続時に特別受益が発生することは割とよくありますが、特別受益が認めらない財産があることも覚えておかなければなりません。
まず一般的に知られている特別受益分とは遺贈された財産や結婚・養子縁組の際の持参金や支度金、高等教育を受けるときの学費や生活費、不動産や有価証券の贈与、借地権の承継などがあげられます。
こういったものがあった場合は特別受益分を残された遺産に一度プラスしてみなし相続財産を出し、その後分配して特別受益を受けた人はそれを引きます。
このように特別受益があった場合の計算方法自体は難しいものではありませんので、難しく考える必要はないのですが、問題は認められるケースと認められないケースの境目を理解しているか?という点です。
続きを読む 特別受益が認められない

特別受益の計算をする前に

特別受益は遺産相続の際に不公平なく財産分与するための決まりで、被相続人の生前に相続人に対して贈与など財産を渡していた場合に発生します。
しかしすべてが対象になるわけではありませんから、まずは生前贈与をした財産が特別受益にあたるかどうか計算する前に確認しなければなりません。
たとえば一般的に特別受益にあたるのは遺贈が行われた場合や結婚・養子縁組の際にかかった資金、生活資金の援助、高等教育の学費援助、不動産や金銭、有価証券の贈与などが該当します。
続きを読む 特別受益の計算をする前に

特別受益の持戻し

遺産相続の際に特別受益の持戻しが行われ、その後相続財産の計算をやり直すケースがありますが、これはどのような流れになるのでしょうか?
はじめに特別受益とは被相続人の生前に相続人の一人に対して遺贈をしていたり、結婚や養子縁組のための援助、生活資金の援助をしていた場合に対象となります。
もし上記のようなことがあった場合、まずもともと残されていた財産と贈与した特別受益分を足して、それから相続財産の計算に移ります。
続きを読む 特別受益の持戻し

特別受益の判例

特別受益かどうかの判断は実は結構難しい部分もあって、明確に特別受益になるか分からないケースもあります。
そこで今回はある程度線引きできるラインお伝えするために判例を紹介しつつお話していきたいと思います。
続きを読む 特別受益の判例

特別受益と寄与分

遺産相続の際に必ずチェックしておかなければならないのが特別受益と寄与分の関係性で、これは両方の特徴を把握しておけば難しくありません。
そこで今回は特別受益と寄与分の関係性についてお話していきたいと思います。
続きを読む 特別受益と寄与分

特別受益の条件

遺産相続のとき、特別受益が発生する条件とはどんなことがあげられるでしょうか?
特別受益とはそもそも通常の遺産相続の割合を崩さないためにあるものですから、基本的に生前贈与を受けていたりすると該当します。
たとえば一般的な遺産相続の割合でいくと、配偶者と子供2人がいる場合、配偶者が2分の1、子供2人で2分の1を分けることになります。
遺産相続の対象になる財産が5000万円あるとして、被相続人の生前に子供の1人が1000万円の贈与を受けていた場合、これが特別受益の対象となります。
続きを読む 特別受益の条件

特別受益と相続税

遺産相続の際に特別受益が発生するケースがありますが、このときに相続税はどのようになるのでしょうか?
ここでは特別受益と相続税の関係についてお話していきますから、今後資産相続の可能性がある方は目を通してみてください。
続きを読む 特別受益と相続税

特別受益とは

遺産相続は特に問題なく済ませることができればベストですが、必ずしもそうはいかないことの方が多いと言われています。
そのため、被相続人は生前にできるだけスムーズに遺産相続ができるよう遺言書を残したり、あらかじめ家族間で話し合っているでしょう。
特に財産を多く所有して亡くなった場合、遺産相続がきっかけで大きなトラブルになる可能性もありますから、被相続人の生前からしっかり対策を練っておくことをおすすめします。
続きを読む 特別受益とは